育毛サロンに通うのはアリかナシか?通う前の覚悟

最近では、多くの方が育毛サロンに通っていますが、育毛サロンと育毛クリニックってどんな違いがあるのでしょうか。何よりも、共に毛髪の悩みを改善してくれる専門機関となっています。どこに大きな違いがあるのでしょうか。

育毛サロンとは、頭皮のケアを目的としたサービスを施す場となっています。エステと同じです。医薬品の処理はできないので、頭皮の洗浄やマッサージなどを効果が期待できるケアがメインとなっているのです。

育毛クリニックとは、医師がきちんと診察治療にあたる毛髪専門外来となっています。育毛に効果があるとされる医療薬の処方や治療を施でます。治療により100%改善する事ができるとは言い切れないという事が現実となっています。治療などで育毛サロンのケアよりは有効となっていますが、効果には個人差があり、期待できるという域を出ません。

サロンとクリニックどちらに行ったらよいのでしょうか。薄毛が気になっている人はクリニックに行くべきだと感じている人も多いと思いますが、一概にはそうではありません。

実際にどちらが適しているのかは、薄毛の進行状態によるのであまり進行していない場合は、予防をメインとして通いたいと考えている人は、サロンのケアでも十分という場合もあります。

薄毛が進行している場合には、やっぱりサロンのケアでは効果を実感できる可能性は低いので、本気で育毛対策を考えるためには、クリニックで治療を行う事がお勧めできます。

サロンでもクリニックでも薄毛は完治できるものではないので、円形脱毛症や瘢痕性脱毛症などによる抜け毛の場合には完治も可能となっていますが、AGAは進行性の薄毛なので、一度発症すると進行を遅らせることができても治す事はできません。

毛を生やすのをやめた毛穴から再び髪を生やすこともほぼ不可能となっているのです。その効果を認められているのは、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルでも、改善は難しく、進行を遅らせることしかできないと言われています。

今の技術においては、確実に見た目としての髪の毛を増やすことが言える方法としては、かつらや増毛か植毛しかないと言われています。植毛に関しては、自分の毛を移植して永遠に生え変わらせる可能な自毛植毛という方法があります。

実際に髪の悩みを抱えている人も多くなっていますが、その中で何よりも自分に合った方法で治療を行っていく必要がありますが、ある程度深刻な悩みとなり通ってもすぐに効果を実感することが出来ないという事をきちんと把握しておくようにしましょう。

何より大切になっているのは、自分なりにきちんと髪の悩みを抱えてしまった原因などを知ることも悩みを改善できる一歩に繋がっていきますので、髪の悩みを抱えている人は、育毛サロンやクリニック、自分に合った方法で悩みを改善に導いていくようにしましょう。

AGA用育毛剤